fc2ブログ
自作ボートと自作サイクロン
海でボート釣りをしたーい。その外、色んな事をしたーいで、ボートを自作中です。
プロフィール

ワイワイエスケー

Author:ワイワイエスケー
ボート釣りがしたくて、海の上で昼寝がしたくて?、1人の時は寝ませんよ、危ないですから。風が強くなってきたら早く帰港したくて、帆走、機走、オール走、艪走が出きるかな。で作ってます。
艤装品も自作予定が多いので結構時間が掛るけど楽しんでます。でも早く作って釣りがしたい。



カレンダー

08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -



最新記事



カテゴリ



月別アーカイブ



最新トラックバック



自作ボートで釣り



RSSリンクの表示



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新コメント



サイクロン第2弾その4
サイクロン部ベース板とエンジンを車椅子にセットしました。このようになります。サイクロン2弾その4-1



エンジンマウントは鉄フラットバー厚さ4.5mm幅32mmで作りました。ネジはM6を使用しています。懸架はキャリアーベルト(25mm幅)を利用しました。懸架ベルトはエンジンをかけてチェックした時はずれませんでしたが。ずれてしまう事もありますのでズレ止め(エンジン側に)をつける必要があります。マウントのエンジンがあたりそうな両側に水道で使う保温材を使用しました。通常は当たらないのですが念の為に。
サイクロン第3弾4-14



エンジンの吸入側のダクトとダクトホース間に無理が生じ無い様にダクトホースが入る塩ビ菅VU100とエンジン側の吸入側ダクトとの間に厚さ2mm幅50mmの板ゴムで筒を作りホースバンドで取り付けました。中の隙間は20mmくらいです。エンジンを掛けて塩ビ菅を1/4位塞ぐと板ゴムは圧縮され外側に若干膨らみます。
サイクロン第3弾4-11



中はこの様になっています。手前がエンジン側吸入ダクトで奥の灰色が塩ビ菅VU100です。その手前に見えるリング上のものはU形状になっているゴムです。エンジン側吸入ダクトの先端に被せ塩ビ菅VU100ととのクッションにと付けたのですが必要ありませんでした。
サイクロン第3弾4-12



エンジン側ダクトをエンジンにセットした状態です塩ビ菅につけたゴムの筒はエンジン取り付けダクトと径を合わせるため細工しています。
サイクロン第3弾4-13



ペール缶サイクロン部からエンジンまで直接ダクトホースで無理なく?接続するには長さが足りないのでペール缶排気側は塩ビエルボー2ケ使いこの様にしました。あまりにもごつすぎるとは思うのですが色々の都合上取り敢えずこれでいきます。塗装したらイメージが変わりますかね。
サイクロン第2弾4-16



エンジン下部のT字型は振れ止めに使います。エンジンマウントと同じ材料で作りました。固定はホースバンドを使いました。
上下の鉄材の間に木(白い部分)を挟んでいます。T字型両端からスプリングで車椅子フレームに繋ぎます。下に白いバーが2本並行に取り付けてあるのは荷物用BOX受け用です。
サイクロン第2弾4-17



「てみ」もなんとかセット出来ます。
サイクロン第2弾ー4-20




ボルト2本で固定されたピンクのバーはポリ容器をセットするときの受け具です。両側に2ケあります、木製です。空色のシートはクッション材です。厚さは5mmあります。
サイクロン第2弾4-26




ポリ容器取り付け方です。クランプ(赤いレバー)を手前に引きます。ポリ容器を奥の受け材に入れ手前を持ち上げてクランプを押します(写真の位置に)
サイクロン第2弾ー4-24



全体的にはこのようになります。
サイクロン第2弾ー4-22



前から見るとこの様な感じ.異様です。
サイクロン第2弾4-28



箒をセットしてみました。手前が化繊箒と向こうが竹箒です。ホルダーに差し込みます。結構高くなりますね。あと積み込むのはポリ袋とポリ袋スタンドです
サイクロン第2弾4-29
まだ完成ではないのです。
あと落葉吸い込みダクトを作らねばなりません。それにスロットルコントロールも作らねばもうすぐ落葉が・・・焦ります。


続きを読む
スポンサーサイト